浮気調査は自分でしないこと続きその2

MENU

浮気調査は自分でしないこと続きその2

探偵は浮気調査のプロフェッショナルですから、尾行の技術や経験も身につけていて、尾行する相手にバレずに素行調査をすることができます。

 

尾行で証拠を掴むのも日数がどれだけかかるのか分からず、忍耐力も必要となるので、個人で浮気調査をするにしても、時間に余裕のとれる方でないと難しいでしょう。
仕事をしていればろくに調査もできないと思います。

 

奥様でも仕事をしている方は、現実的に浮気調査をする時間は取れないのではないでしょうか。

 

浮気現場で怒りが押さえられずに浮気現場に突撃して。
結果暴力事件になてしまったという事例もあります。

 

パートナーのの浮気現場を発見して我を忘れ、浮気相手や旦那さんに暴力をふるい自分が加害者になるなんてバカらしいですよ。
浮気していた旦那さんがあなたに暴力を振るう、というパターンもありえます。

 

奥様の浮気現場で、旦那さんが浮気相手の男性を殴ったというのはよくある話ですね。
一度修羅場になってしまうと、誰が加害者で誰が被害者になってしまうのか分からないものです。

 

冷静な対応は無理だと考え、暴力事件を起こしてしまわないようプロの探偵に浮気調査を依頼した方が賢明だと言えますよ。

 

あなたが暴力をふるって加害者になってしまうと別の裁判になってしまいます。
尾行や張り込みの素人だけで浮気調査をするのは危険ですからやめましょう。

 

調査は探偵に任せ、冷静に結果を待ちましょう。

 

また、浮気調査の前には自分がどうしたいかという気持ちを明確にしておきましょう。

 

浮気調査でクロだとなれば、どうしますか?離婚するのか、浮気相手と別れさせて関係を再構築するのか、探偵に依頼する前に、自問自答して自分の希望を明確にしておきましょう。

 

復縁するつもりであれば、浮気がクロであっても、あまり責め立てないようにしましょう。

 

逆に離婚したいのであれば、裁判で自分に有利になるよう浮気の証拠集めをしていきましょう。

 

自分の正直な気持ちや希望も探偵に話しつつ、浮気調査にかかる費用の見積もりを出してもらいましょう。

浮気調査興信所比較